ジルコニアで天然歯の色調を再現する方法をお伝えする、2日間集中講座です。
弊社オリジナルのジルコニアディスク『TANAKAエナメルZR マルチ5』とシンタリング前の着色液『TANAKAジルカラー』シリーズを用いて、作製時間の短縮を図りながらも、高クオリティ、そして審美的なジルコニア冠を作製する方法をお伝えします。

なお、本セミナーはTANAKAジルカラーの応用的な使用方法をお伝えしますので、TANAKAジルカラーをお使いになられたことがない方は、事前にジルカラー入門セミナーをご受講されることをお勧めします。

セミナー内容 ■講義内容
  1. フルジルコニアによる臨床応用例の紹介
  2. 色調再現における科学的考察
  3. シンタリング前の浸透着色テクニック
  4. ジルコニアにおける蛍光性の重要性とZラスターによる蛍光性の付与法
  5. フルジルコニアの研磨、ステイニング、及びグレージング法
  6. TANAKA Z.EPコンセプトを基にした高い審美性を持ち合わせた、高強度な唇側面ポーセレン焼き付けジルコニアクラウンのコンセプトとTANAKAワンベークテクニックを使用した作成法
■実習内容
  1. ジルカラーによる筆塗浸透着色によるフルジルコニアの中切歯単冠、歯肉付きフルジルコニア中切歯単冠の作製
  2. ジルカラーによる筆塗る浸透着色とジルカラーシフトのディッピング法によるフルジルコニア臼歯部単冠の作製
  3. ジルカラーを用いた筆塗浸透着色と唇側面ポーセレン焼き付け、ジルコニアクラウンコーピングの作製
講師 可児 章人先生
(ドイツ ハンブルグにてOrgan Dental Technology Hamburgを開業)
日程 ・2019年 7月6日(土)、7月7日(日)
※本セミナーは2日間集中講座です。どちらか1日のみの受講はできません
会場 新東京歯科技工士学校
〒143-0016 東京都大田区大森北1丁目18−2
受講料 50,000円